これがアメリカ流ハチ駆除!〜蜂の巣を黒焦げにしてハチ退治〜

日本では考えられない駆除方法

マンションでハチを発見した場合、ハチ駆除業者に依頼して退治してもらうのが一般的です。自分で行なうにしても、しっかりと防護服を身に着けて、専用のスプレーを活用して退治していきます。しかしアメリカのやり方は、日本とは大きく異なっているのです。

保険に関する疑問

アメリカでのハチ駆除の方法は、実に攻撃でシンプルなものです。蜂の巣にバーナー噴射をし、蜂の巣を一気に黒焦げにしていきます。これでハチ駆除完了です。蜂の巣だけでなくハチ自体も焼き殺すという、とても豪快なやり方と言えます。

スズメバチのような攻撃性が高いハチに刺されてしまうと、アナフィラキシーショックなどの重篤な症状を引き起こすこともあります。症状によっては、治療費が高額になることもあるので、保険を活用しましょう。

ちなみに、ダニや蚊に刺されて治療を受けた場合は、「急激」と「偶発」の要件を満たしていないと判断されるケースがほとんどです。傷害保険は適用されない、と考えておきましょう。ただ、医療保険や海外旅行保険は適用される可能性が高めです。病院で治療を受けることになったら、契約している保険会社に相談してみましょう。